ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

シニア世代のかしこい住まい方?

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

超高齢社会を迎えて、心身共にイキイキとした『アクティブシニア』が増えて
きてるというお話を聞くことが多くなってきました。

元気なシニア世代の人々にとって今、『自分に合った最適な住まい方』そして
その住まい方を実現していく為の『資金計画』が大事な話となってきます。

シニア世代の夫婦がゆとりある生活を送るためには、月々およそ30万円が
必要ではないかと言われてます。多ければ多いにこしたことはないですが、
若い時に比べてそんなに必要ないのが現実かと思います。

当然、各家庭での出費が違うのはあたり前です。あくまでも理想増のお話です。
30万円も掛からないと言われる家庭も多いかと思います。あるメーカーさん
がとった統計からのお話です。

我々、住まい方の仕事をしてますので、どうしても気になるところですが、
二世帯住宅に建替えて一緒に住まわれるケースも多くみられます。

 ①相続税を考えた二世帯住宅を考える
 ②二世帯を考えたリフォーム工事をする
  ③親短世帯のリフォーム工事をする
 ④子育てをした家を売却して、自分にあったところに引越し
 ⑤生まれ育ったところ帰って生活する
 ⑥子供のところへ引っ越ししていく

そうですね、一番多い悩みは自分が30代の時に建てた家が古くなり、
維持していく為のメンテナンス費も多額になってきて、非常に困ってる。
というお話を良く聞きます。

これからの、老後の生活をどのように過ごされていくかを、一度お会い
してお話をしたいものです。

 

TOP
資料請求はこちら