スタッフブログ

『耐震等級3』が絶対必要です

責任者をしてます飯島です

このブログでも、数回書かせていただきました『耐震等級3の必要性』のお話を
もう一度、おさらいをさせていただきます。

『耐震等級耐震3』は、私の考え方は家づくりにはまず基本的な考え方で、絶対に
必要なこだわりと思ってます。

お客様の財産(新築の家と住宅ローン)と命を守るには、絶対必要なものと私は
考えてます。このことを認定をとることでお客様は生涯にわたり大きなプラスが
もらえることとなるのです。

家が完成してからの維持管理費、アフターメンテナンス費に大きな影響をもたら
します。家の寿命に大きな差が出るのも間違いないと思います。

地震がきた時の揺れも大きく差が出るのは紛れもありません。また、家の傾き、
浮動沈下もなくなるのです。価格押さえるための『耐震等級2+制震システム』
は駄目なんです。大きな繰り返しの地震には不安が大きくなります。

そして、駄目な事例を書かせてもらいます。
  ・耐震等級3は取れますが、価格アップしますし必要ないとおもいます。
  ・耐震等級3をとると、窓は小さくなりプランに影響をもたらします。
  ・今までの家でも大丈夫ですので、新築ですから2で充分ですよ。

このお話は営業マンの気持ちでお話してるのでなく、会社の方針からお話を
してるケースが多いと思います。ですから営業マンは嫌になってしまい辞め
ていくケースもあると聞いてます。

営業マンも自宅を建てるのであれば、絶対に『耐震等級3』は取ると思います。
住宅業界で仕事をして人は、全員わかってますので『耐震等級3』を取ること
を考えると思います。

今までに、私自身大工さんの家づくりもさせていただいたし、不動産屋さん
に勤務してる人の家づくりもさせていただきました。他メーカーさんの家づ
くりもさせていただきましたし、リフォーム会社をもってるお客様の家づく
りもさせていただきました。

ですから、絶対に『耐震等級3は良い家づくり』と信じてこれからも、ご提案
させていただきます。