スタッフブログ

『2020年基準』で建てると資産価値上がります

責任者をしてます飯島です

今、現在日本の国(国交省)は2020年以降の家づくりにたいして基準を
定めてます。その基準をクリアーする約束を住宅業界~工務店、大工さん
までの家づくりをする全員、全社が2015年に国と約束してるのです。

『2020年基準で家を建てると資産価値が上がるって知ってますか?』
2020年の段階でその基準を満たしていない、2020年までに建てた家につ
いては、資産価値が下がるであろうと言われています。

国交省は結果的にその改修が進んでいくと、今はみてるようです。将来は
既存住宅に省エネ性能を義務付ける構想を国は持ってるとのことです。

その2020年の家づくり基準を調べていくなかで必ず出てくる言葉があります。
ZEH(ゼッチ)という言葉です。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略語がZEHと言われてます。
このZEHが、これからの家づくりの快適室内環境を作り出していくのです。

ZEHという言葉が、ドシドシと出てきますが、ここでまた難しい勉強がござ
います。『ZEHにも色々とあることを勉強されてから家づくりを具体的に考
えていくことが大事』と私は思います。

また、このブログで書かせていただきます。『本物の家づくり』をですね。