スタッフブログ

『2020年基準のマイホームづくり』勉強してますか

責任者をしてます飯島です

このブログでも書かせていただいてます『2020年基準マイホームづくり』。
国策として国がうたい始めてるって情報をご存知でしょうか。

国は、新たに作る省エネ基準を満たす家づくりをするよう、義務付ける方針
ということも入ってきてます。

2020年以降は基準を満たさなければ建築を認めないという方針のようです。
その2020年の義務化までに満たした工務店には税制面の優遇もあるとのこと。

2020年までに、省エネ基準を高いレベルで満たしてる住宅、そして工務店に
ついては、促進させてるところには税制優遇も国は考えていくということも
情報として入ってきてます。

『ZEHの家』は太陽光をはじめとする設備をつけて、消費電力より多く作り
出すと『ゼロの家』となります。

しかし、そこで大切となってくるのが『断熱性を保つ、断熱性を高める』と
いうことです。プラス大事なことは『気密性を保つ=気密測定の実施』をす
ることで『図面上のお話が、確実に現場で施工されてることの確認作業』と
なりますので安心感が倍増されてきます。

その結果『夏は涼しく、冬は暖かい住宅になりエアコンのエネルギーを極力
少ない消費となってくるのです。無暖房でも12、13度~32,33度程度』の間
を1年中保たれるのが『高気密高断熱の家づくり』となります。

上記のようにエネルギーを抑えた上で太陽光等で造ったエネルギーで補うこ
とで『ゼロ以下にしていくことが、本当の省エネ住宅となります。』

 1、気密測定を1棟ごとにして1.0以下の数値にすることが大事となります
 2、外皮性能0.6以下がZEHの家づくりとなります(国は0.87と高い数値)
 3、経年劣化しない断熱材の使用〈結露保証35年付
 4、基礎断熱工法〈床下内も室内環境
 5、キッチンレンジフードは強制同時給排型使用
  〈本物の高気密・高断熱の家づくりしか使われてない
    6、サッシはアルミと樹脂のハイブリッド窓使用(断熱防音サッシ) 

これが『2020年基準のマイホーム』なのです。
アイケーホームの『魔法びんの家』がまさに、この家づくりとなってます。
今の時期に『2020年基準のマイホームづくり』をしなければ、
絶対の後悔します。後悔しない家づくりをしていただきたいのです。