スタッフブログ

『家づくりはトータルコスト』で考える時代

責任者をしてます飯島です

ここ2年ぐらいで大きく変わってきてますのが『家づくりのコスト』の考え方です。
今までは、良い製品・材木・設備・仕上げ材・外壁材・・・等々で家の高い安いを
決めてたと思います。

国が『2020年住宅』を発表してから、お客様の考え方も徐々に変わってきました。
安い家づくりを一杯するのではなく『高付加価値の家づくりで、一人一人の健康・
安全・安心・地震に強く省エネで快適な生活が出来る家づくりを推進』してること
が大きな要因となってきてると思います。

今では、車を買う時には『安全安心と省エネ』があたり前になってきてます。
車の10倍もする『家づくり』ですから、当然車以上に『安全安心と省エネ』が絶対
にあたり前という考え方が浸透してきてることを、肌で感じてます。

まさに世の中は『家づくりはトータルコストで考えることが絶対に安心安全であり、
健康住宅である。』ということを国を上げて言ってます。イニシャルコストがいく
ら安くても燃費の悪い家は、ランニングコストで負けてしまい『健康住宅でもなく、
燃費も悪く、寒い暑いもあり昔ながらの家づくりとなります。』

お客様とお話をしてますと『700万円の差』があっても最近はご理解していただける
お客様がグッと増えてきたと思います。以前でしたらイニシャルコストで700万円の
差があると、なかなか『魔法びんの家』を選んでいただけないケースがありましたが
最近は違います。

『魔法びんの家』認知されてます。大変嬉しい時代の変わりようです。
お客様に絶対に後悔させない為にも『魔法びんの家』をご提案し続けていきます。
お客様に『絶対損はさせません』。