スタッフブログ

『どうして家の中は暑くなるのでしょうか?』

責任者をしてます飯島です

熱はどこから室内に入ってきてるかご存知ですか?
熱は高いところから低いところに流れていきます。住宅の中で最も出入り
が大きい場所は、開口部の窓とドアーで全体の73%がここから入ってきます。

この熱が室内の温度を上昇させ、不快な気分にさせるばかりでなく、室内熱
中症の原因になるのです。夏の暑さ対策はエアコンだけに頼るのでなく、窓
から入ってくる熱を遮断することが大切なのです。

また、室温と体感温度は違います。体感温度とは体が実際感じる温度のこと
です。例えば、室温が26℃で、暑い夏の日差しで暖められた壁面、天井、床
などの表面温度が32℃の場合、実際に感じられる体感温度は29℃ぐらいです
ですから、外からの熱の影響を少なくする断熱対策もかなり重要となります。

『風通しが悪くて部屋がムシムシ』なんて経験ありますね。
部屋の暑さの原因のひとつが、風通しの悪さがあります。風通しが悪いと室
温が上がりやすく、空気も循環しないので、ムシムシしていて不快指数もア
ップしていくのも当然です。

人は、そんな時にうちわであおいだり、扇風機に当たったりすると涼しくな
りますね。秒速1mの風が部屋を吹き抜ければ、体感気温は1℃下がるとも言
われてます。ですから風が部屋のなかを自然に流れていくような工夫が大切
となってきます。

それが『断熱と気密』の関係が絶対に必要となってきます。
断熱だけの話をするメーカーさんもいますが、その時は『気密性能=0』と
いうことで計算式はつくられてますので、要注意なのです。現場で測定して
初めて語れる話ですから、ここははっきり覚えていただきたいところです。