スタッフブログ

C値、Q値の違いで、1ヶ月の暖房費が大き差あり

責任者をしてます飯島です

本日は常日頃から言ってます『C値とQ値の関係から光熱費が大きく
違うというお話をさせていただきます。』

『家づくりのプランをご提案』の時点で『光熱費シュミレーション』
を出せたら良いなーと思ってましたところ、この度LIXILのご協力の
元に『計算が出来るようになりました』当然想定のお話です。

『魔法びんの家』のお話をする時に必ず『C値とQ値』の関連性のお
話は出てきます。最近メーカーさんから聞かれるお話のUa値のお話
もごもっとも大事な話の一つと思います。

Ua値は、設計上で机上から計算が出来るお話です。
C値は現場で1棟ごとに測定して出せる数字ですので、絶対的に信頼
出来る数字です。机上の数字はあくまで机上の数字ですので最終的
にお客様の数字なのかはさだかでないお話のことだと思います。

『魔法びんの家』と『一般の家』では同じエアコンの温度設定20度
にした場合には、60%もの光熱費が差がでることがはっきりしてます。

『魔法びんの家』のエアコンの温度設定は20度~21度で快適な室内
環境となりますが、『一般の家』のエアコンの温度設定は24度~
25度ぐらいではないかと思われます。この場合の光熱費の差額代は
60%どころではなく倍という大きな数字になってきます。

逆に言いますと『魔法びんの家』は『一般の家』の光熱費は半分に
なるということになります。ここに省エネであり健康住宅であると
いうお話になってくるのです。

このお話より絶対にお客様にご提案したい家が『魔法びんの家』と
なることに自信をもってこれからもご提案させていただきます。