スタッフブログ

本当に安い家とは

責任者をしてます飯島です

『本当に安い家』とは・・を考えたことがあるでしょうか。
価格の安い家が、あたり前に安いのはわかります。

家とは、大きな財産となりますので安いだけで本当に良い
のでしょうか・・・違いますよね。

安いものが、安いのはあたり前のことです。
中味が濃くて本当に良いものが、安いということが『安い家』
と言われるのではないでしょうか。

ではその中味はと言いますと一杯ありますが大きく分けて
  ①耐震性能が地震に強い家(耐震等級3)
  ②性能を1棟ごと現場で測定をした家〈C値)
        ③室内間、上下間で温度差が少ない家
  ④窓、壁内・・等々で結露しない家
     ⑤ランニングコストが少ない家
  ⑥アフターメンテナンスが少ない家
  ⑦プランの動線が良く住み心地の良い家
  ⑧災害時守られる家
  ⑨医療費が削減される家
  ⑩税金が削減される家

上記のような、条件が付いてて安くなることが一番安い家となり
ます。中味がなくて安い家では駄目なのです。

一般的に安い家とは、上記が付いてなくて安い家と言われてるこ
とが多いと思います。

上記(①~⑩)がついてなくて安い家とは
  ※耐久性(耐用年数)がなく、長く住むことが出来ず結果安
   くない家となってしまいます
  ※夏に暑く、冬に寒くて光熱費が掛かってしまう家になっ
   てしまいトータルコストの掛かる家となってしまいます
  ※温度のバリヤフリーではなく、医療費がかかってしまう
   家となってしまいます

『本当の意味で安い家』とはを考えていただけたら答えが出てき
ます。私の答えは『プレミアム魔法びんの家』なのです。
自信をもって、ご提案させていただきます。