スタッフブログ

本当の『良い家づくり』とは?

責任者をしてます飯島です

いつも思いますが、人それぞれの思いは違うのはあたり前です。
『家づくりにおいて、良い家とはどのような家か』というお話
を聞くことがありますね。

実際、良い家とは?
 ①外観のデザインが良い家づくり
 ②材木が檜と秋田杉使用
 ③無垢のフローリング使用
 ④大きな家づくり
 ⑤建築家の家づくり
 ⑥キッチン、洗面、浴室が素晴らしい
 ⑦玄関ドアーが素晴らしい
 ⑧内装の仕上げがクロスでなく塗り壁仕上げ
 ⑨屋根に銅版が貼ってある
 ⑩大きな玄関、大きな和室
 ⑪まだまだ、色々と・・・人の見方はあります 

上記は、一昔前のお話です。
現在は、絶対に違ってます。
 ①耐震性⇒耐震等級3の取得
 ②制震システム標準化⇒地震時の揺れを半減」にします
 ③性能(C値・Q値・Ua値)取得、特にC値が一番大事
 ④外壁のアフターメンテ費のかからない施工
 ⑤室内環境の温度差が少ない家づくり
 ⑥省エネの家づくり
 ⑦パッシブハウス
 ⑧ランニングコストのかからない家づくり
  (トータルコストで得する家づくり)

特に③のC値は、室内環境・結露・省エネ・光熱費削減等に
大きく関係してきて『健康住宅』になること間違いない話です。

本当の『良い家づくり』の情報を一杯勉強していただきたいですね。
お客様に喜んでいただける『家づくり』絶対に信頼・安心をいただけ
る家づくりをこれからも行っていきます。