スタッフブログ

相続税が7月1日から変わりました

責任者をしてます飯島です

相続税が7月1日から大きく変わったことを知ってますか。
夫婦間の配偶者に手厚くなりました。

夫婦間で生前贈与や遺言で譲渡した住居は遺産分割の対象
から外すことができ、配偶者は財産の取り分が増えること
になります。

また、介護などに貢献した親族は相続人に金銭を請求出来
ることになったそうです。高齢化によるなかで相続を迎え
るなかで残された配偶者の生活を守り、相続のトラブルを
防いでいく狙いがあるそうです。

産分割での配偶者優遇は今回の柱だそうです。
婚姻期間が20年以上の夫婦が対象で、残された配偶者は住
まいと生活費を確保しやすくなったということです。

『特別寄与』と呼ばれてます、被相続人の介護などを無償
で行った親族が、相続人に金銭を請求できる制度ができた
ということです。

従来は、義父母を介護した妻は法定相続人ではないので原
則として相続財産を取得できませんでした。ここで妻から
寄与制度では、特別寄与料を請求できることになりました。
労に報い、不公平感を和らげることが目的ということです。

ここにきて、大きく変わってきてます『相続税』の勉強は
しっかりとしていきお伝えしたいと思います。