スタッフブログ

家づくりの強さは、言葉だけでなく計算値

責任者をしてます飯島です

家づくりの勉強をしてきますと、本物なのか言葉だけなのか
ということが解ってきます。

たとえば『耐震性能の強さ』を考えてみます。
地震に強い・耐震性能・モノコック・ベタ基礎・金物工法・
パネル構造・パネル・ツーバー・軽量鉄骨・重量鉄骨・鉄筋
・・・等々の家づくりの工法には色々とあります。

言葉・印象・見た目ということでなく『構造計算をした上で
耐震等級3を国の定めた数字をクリアーすることが出来た建物
は全て地震に本当に強い家づくりとなります。』

営業マンの言葉だけで判断することは、失敗をする基となりま
すので、あくまでも国の計算式に従って出た数字を信じること
で工法に関係なく『地震に強い家』となります。

各メーカーさんの『家づくり』の考え方から工法は幾通りもあ
ります。どの工法(メーカー)も地震に強い家づくりはしてます。

しかし、『耐震等級3の証明』がない家づくりはどの工法におい
ても駄目となります。『家づくりでは耐震等級3の取得が絶対だ
と私は思います。』

安心の家づくり、後悔しない家づくりを我々家づくり業者は
責任を取れる家づくりをすることが絶対です。