スタッフブログ

温かい家は、寿命を延ばす

責任者をしてます飯島です

この度『週刊文春』に載ってます良いお話をさせていただきます。
『温かい家は、寿命を延ばす』ちょっとした工夫で我が家が『健康
住宅』に変わる⇒大好評『住宅シリーズ』が出版販売されました。

『冬の寒さに耐えるのは美徳』というのは時代錯誤の勘違いの時代
が長く続きましたが、最近の研究では住宅の温かさが頭と体の健康
に直結することがわかってきました。

実は、日本の住宅は欧米の先進国に比べて極端に遅れてることも
近あちこちで話に出てる現実があります。

住宅づくりに、ちょっとした手(断熱と気密)を入れることで健康
を守る家づくりとなることが実証されてきてます。

 健康を意識そた家づくりをするには
   ①室温はでも18度以上
   ②12度未満は頻尿リスクが5倍
   ③窓から熱を逃がさない方法
   ④室温は脳の若さにも影響

慶應義塾大学理工学部の伊香賀俊治教授のデータより上記のお話が
分析されて発表されたお話です。

健康を守る為に『温かい家』は絶対条件ということが、今ではあた
り前とされてます。