スタッフブログ

日本の家は、断熱性能が低い

責任者をしてます飯島です

日本の家は、他国に比べて断熱性能が低いということを
ご存知でしょうか。

住宅の断熱性を表す指標に『Ua値』というものがあります。
数値が小さいほど性能が高い(保温性があるということ)
ことを表し、2016年改正の住宅省エネルギー基準はUa値0.87
(温暖な地域の基準です)なんです。

2021年からは、新築住宅のUa値を建て主様に説明することが
義務化されました。

欧米では、なんと0.3が平均的といいますから、日本でもせめ
0.6以下を目指したいものです

それぐらい断熱性があると、真冬に暖房がなくても住宅内が
10度を切ることはめったにありません。

これから家づくりを考えられてますお客様は、『Ua値はどれ
くらいになりますかと確認が必要となってきます。』

近畿大学・岩前教授『数値を答えられない場合は、論外です
が基準は満たしてます。という曖昧な話も危ないです。』

自分の家の断熱性能がどの程度あるのかを気にすることが大
事となってきます。

2015年の国交省の発表では、既存住宅では
 ①無断熱住宅    39%
    ②Ua値0.87以下の住宅は、わずか5%
    ③Ua値が1.0以上の断熱性能が低い家が大半で、住宅内で真冬
  になると10度切る危険なスペースがある可能性があるといいます。

家づくりの『断熱性能の考え方』が大きく変わってきてます。
『プラス気密性能があったら最高の快適空間となる住宅となります。』 

まだまだ、日本の家づくりの考え方は遅れてると学者は言ってます。