ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

エアコンを上手に使う

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

今の時代は、冬よりも夏が非常に暑い日が長く続きます。
冬だけでなく、夏も『エアコンを上手に使う』ことで快適な
健康寿命を伸ばす生活をすることがお勧めします。

冬は『暖かい家』は寿命を伸ばします。
冬なら外へ逃げていく熱を、夏は内側へ入ってくる熱を、
住宅の壁で『断つ』ことが重要なのです。

断熱性の低い居得に住んでますと、冬は体や脳の健康に悪い
影響をおよぼし、夏んも場合は熱中症を発症する危険が高く
なってしまいます。

総務省によりますと、2018年に熱中症で救急搬送された人
の発生場所は『住居』が最も多かったそうです(40%)。

住居内で熱中症にかかるのは大半が高齢者で、原因として
断熱性の低い家で在宅時間が長く、その上エアコンが苦手で
加齢によって暑さを感じにくく持病で体が弱っていることな
どが挙げられてます。日々の暮らす住環境をしっかりと整え
ることが大事です。

室温28度、湿度70%⇒これが室内熱中症の警戒ラインだそう
です。室内で活発に動いていなくても、これを上回る湿温度
になると熱中症発症に注意が必要ということです。

その為に、エアコンの力を借りて25度~27度を保つことが、
多くの人が汗をかかずに快適と感じるそうです。

自律神経に負担がかからない環境が一番大事となります。
これから『家づくり』をお考えのお客様も参考にしていただ
けたら幸いです。

 

TOP
資料請求はこちら