スタッフブログ

日本の家の高い家、安い家が変わってきてます

責任者をしてます飯島です

去年、国は『2020年省エネ基準の義務化』が大幅に2030年まで延期となりました。
『クリアー出来て当たり前なのに』なぜか延期となってしまいました。

日本の多くの『家づくりメーカーが低い基準にも関わらず達成できなかった』こと
から、已む無く『国は10年間延長せざることになってしまったようです』。

誰しもが『一生に一度の大きな買い物ですので、より良い家づくりをしたいと思う
ことが当たり前のことだと思います』。

しかし、そこには『資金と言いますか、予算が各々にあります』。『良いものをよ
り安く買いたいと思うのは当たり前のことです』。

長く家づくりの仕事をしてますが『良い家づくりが安く買える』ということはない
と私は確信してます。また、今の時代の良い家というところが違ってきてます。

ひと昔前は、『檜の柱を使い、高いシステムキッチンを入れて屋根は瓦屋根の家づ
くり』が高い良い家づくりと思われた時代もありました。

今の時代は大きく変わってることをまずは認識してお話を聞かないと大きな間違い
の話となってしまいます。ここが大事です。

自分たちの『住み心地の良い家が一番です。しかも住めば住むほどにお金も得する
家なんです。イニシャルコストからランニングコストを考えたトータルコストで考
えられる家づくりこそが良くて安い家となります。』

このブログで続きを書きますので、是非続きを読んでいただきますか。