スタッフブログ

『賢い家の選び方パートⅡ』大事なお話です

責任者をしてます飯島です

昨日に引き続き『賢い家の選び方』のお話をさせていただきます。
今までの経験のなかで、わかりやすい大事なお話です。

メーカーは大手、ローコストにしても大量生産方式ですので工業系
といいますか企画に近い準オーダー企画と言いますか、建売もここ
に入ります。

いかに安く見栄え良く見えるところにお金をかける。見えないとこ
ろはそこそこの納まりとなってます。

  1、CMブランド関係にお金を使う
  2 、家づくりの見えるところにはお金使う
  3、Ua値計算で出来るところは数字が出ます
  4、見えないところにはお金掛けない(C値測定しない)
  5、価格は高いか、凄く安い(価格勝負)

地元工務店

  1、CMブランドにお金かけない(かけれない)
  2、家づくりの見えるところにもお金かけます
  3、Ua値の計算で出るところも数字出します
  4、見えないところにもお金かけます(耐震等級3,制震システム、
     一番大事な隙間相当面積C値測定1棟ごと実施します)
     5、価格高からず安からずです

安い工務店

  1、工期が短い(大工手間をかけない)
  2、昔ながらのホゾ工法(耐震性不安、地震建替補償なし)
  3、断熱材が吹き付けもしくは、グラスウール(結露、カビ発生、材木腐食)
  4、C値(隙間相当面積)を測定しない
  5、Ua値0.6以下(ZEROエネルギー基準)を満たしてない

私達の『家づくり=プレミアム魔法びんの家』は1~5をすべて満たしてます。
安心してください。私達が考える最近の『ローコスト住宅』とは越してから
が安く生活出来る家』のことを言ってます。

イニシャルコストを抑えた『家づくり』はお客様に後悔させてしまいます。
ランニングコストを抑える『家づくり』はトータルコストと言っても15年ぐらい
で元がとれてしまい、あとは得だけなる『家づくり』こそが『健康住宅』と呼べ
るということがわかってきました。結果ははっきりとでてます。

長くなりましたので、また明日に続きは書かせていただきます。