スタッフブログ

誰もが『500万円』高い家を買えます

責任者をしてます飯島です

今の時代は、当たり前ですが『安すぎる家づくりは絶対に損します』
お金の価値と家づくりの価値は比例します。と言っても高い家づくり
が良いとも私も思えません。

ひと昔前までは『家づくり』に『性能』という言葉がなかった時代
でした。ですから『箱物づくり』とも言われました。

箱物づくりの時代は、使う製品で家づくりは高い安いと言われてま
した。柱が檜で屋根は瓦でキッチンは1枚物天板キッチン門構えの素
晴らしい家がまえの立派の家がありました。

時代は大きく変わってきてまして檜無垢材⇒乾燥集成税の方が強く
て丈夫。瓦屋根は地震に対しては重い。キッチンは生活様式がリビン
グ中心の生活に様変わりしてきて変わってきてます。

今の時代は、製品の話でなく『快適性能』を語れる家づくりと変わ
ってきてることを認識して家づくりを考えていただきたいです。

そのことが、絶対に『快適であり、プラスお金の面でも絶対に得
する話です』イニシャルコストに惑わされない家づくりをしてほし
いと常に思ってます。