ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

高断熱高気密住宅でも丁寧な施工技術が必要です

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

今の時代は『高断熱高気密住宅』が当たり前というようになってきました。

しかし大事なことは『丁寧な施工を大工さんにやってもらえるか』だと思います。

 

まだまだ欧米に比べていまだに『断熱性能』は低レベルと馬鹿にされてはいるも

のの、『断熱材』という概念自体がないに等しかったオイルショック以前に比べ

れば断熱材自体は普及してるきてることは間違いないですね。

 

しかし、片方ではその程度の考え方で『家づくり』をしてるメーカーが多い為に

『2020 年基準』⇒『2030年基準』にと、10年も先送りされてる現実があります。

 

ですから、日本の断熱レベルが低いと言われてしまうんです。

お客様ファーストの考え方の家づくり屋はが少ない証ですね。

 

そのうえで、『〇〇断熱材なので安心!』『〇〇構法だから完全!』といった宣伝やらバイブル本(?)もよく見かけます。断熱材や構法さえ良さそうなものを

選んでおけば大丈夫、冬暖かく夏涼しい家が手に入るのでしょうか。

 

本当は一番感じんなことは『良い大工さんにお願いして、丁寧な仕事をしてもらう』

これが何よりも絶対条件だと私は思います。

 

家づくりは人と技術力だと思います。お客様に喜んでいただき住み心地の良い家づく

りをする為には任せて安心の信頼感が持てるかです。『高断熱高気密住宅の実績と

オーナー様のお声だと思います』その為にこれからも協力業者会・社員共々と頑張り

ます。

TOP
資料請求はこちら