ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

既存住宅現況検査技術者

アイキャッチ画像

こんにちは!設計の永山です。

先日、「既存住宅現況検査技術者」登録のための、

講習を受けさせていただきました。

「既存住宅住宅現況検査技術者」とは・・・。

既存住宅(中古住宅)の現況把握のための、

基礎的な物件検査を行う技術を持った者となります。

物件検査の利用目的は、

中古物件などを「安心して購入するため」、

「購入するかどうかの判断基準とするため」、

購入した建物を「住まいを長く使い続けるための健康診断」、

といった内容が多いと思います。

消費者だけでなく、事業者も利用のしやすいものにするために、

物件検査の一定のガイドラインを設けて、

その講習を受講して試験に合格すると、技術者として登録されるのです。

私も講習を受けて、無事合格となりました。

講義のテキストから出題させれる、そんなに大変な試験ではないのですが、

久しぶりに試験場の緊張感を味わいました。

TOP
資料請求はこちら