ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

『耐震診断』自分の家は大丈夫

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

自分の家は本当に大丈夫?でしょうか。まずは耐震診断を予定
してみてください。安心が第一です。

建築基準法は、時代に合わせて改正され、特に耐震基準は、大規模
な地震災害とともに大幅に見直されてます。

建築基準法が大きく改正された1981年がポイントで、これ以前に
建てられた家は耐震性が不十分であるという見方が一般的です。

具体的には個別に診断しなければ断定出来ませんが、自宅の建築
当時の基準がどの時点のものかで、検討はつきます。

 1950年  建築基準法制定(壁量の規定)
      必要な壁の量が制定されましたが、現行基準の約半分。
      底盤のない基礎でも良いなど現行基準と大幅に違ってる。
 1959年  建築基準法改正(壁量の強化)
      必要な壁の量はやや改正されましたが、基礎や筋交い、
      接合部などは改正前と同様です。筋交いに金物が使われ
      始めました。
 1971年  建築基準法改正(基礎の布基礎化)
      基礎はコンクリート造りの布基礎とすることが規定されたが、
      壁量は不足の可能性が高いと思います。
 1981年  建築基準法改正(壁量の再強化)
      必要な壁の量が現行の基準とし、壁の配置バランスは
      『釣り合いよく』といったあいまいな規定で、接合部など
      にも基準がなく、壁の配置バランスの改善が必要な可能性
      があると思います。
 2000年  建築基準法改正
      現行の建築基準。壁の配置バランスに関する規定が数値化
      され、接合部の金物も規定されるなど大きく改善されました。
 2006年  耐震改修促進法改正
      1981年に改正された『新耐震』基準に満たない建物について、
      より積極的に耐震診断や耐震補強を促進。

色々と考えてみますと、これからの家づくりは絶対に『耐震等級3』を
とり、安心・安全が第一だと思います。私どもは100%2階、3階共に
『耐震等級3』をとります。この考え方は他にはないと自負してます。
その為に、地震保険も50%になりますし、固定資産税、登記費用等
の軽減もありメリットは大きいと思います。

TOP
資料請求はこちら