ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

金利1%の違い

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

住宅ローン関係のお話を、続けてさせていただきます。
利息の違いは、年数が長いので大きな違いが出てきます。

低金利時代ですので、借入金利によって大きな違いが出て
くることを解かりやすく書いてみます。

金利が下がりますと、家計に余裕が生まれて、子供の
教育資金が貯めやすくなります。

低金利の魅力は、『毎月返済額』や『総返済額』が減る
ことが大きな魅力となります。

金利1%違うと返済額が減少するのは一目瞭然となります。
総返済額は物件価格と支払う利息の総額なので、数百万円
もの支払利息が削減されれば家計の負担が軽くなります。

毎月返済額を抑えれば、急な出費にも対応しやすく、
貯蓄計画も立てやすくなります。

(例)金利1%違うとこんなに金額が変わります

金利    毎月返済額    支払利息総額    総返済額
1.5%     約9万1860円    約858万円     約3858万円
2.5%   約10万7250円    約1504万円     約4504万円 
     1万5390円も違う   約647万円も違う  約647万円も違う

*借入額が3000万円、固定型、元利均等、35年返済で計算、ボーナス時加算なし

TOP
資料請求はこちら