快適で健康を考えた空間づくり
温度のバリアフリー
体が気持ちいい空気環境

気密性が高く・断熱性が高い家にすることで、健康で快適な空間をご提供できます。家の中の温度差がほとんどなく、体が感じるストレスがほとんどない 夏涼しく、冬暖かい魔法びんのような家。計画的に室内の空気を管理出来るので、いつもクリーンで新鮮な空気だから健康的な生活を送れます。

20年前からこだわり続けている高気密・高断熱住宅。
長年にわたる経験と実績に基づき、長い目で見て後悔しない家づくりのために
今までも、これからも “健康と快適にこだわる空間” をご提供し続けていきます。

高気密・高断熱住宅 / 家中の温度を一定に保つ魔法瓶のような家

高性能住宅を考える時、Q値(断熱/熱損失係数)だけでなく、C値(気密/相当隙間面積)もとても大事であることをまず分かっていただきたいと思います。
例えば、魔法びんにたくさん穴が開いていたら温かいお湯もすぐに冷めてしまいます。逆にしっかり密封されていてもペットボトルのような素材ではお湯はすぐに冷めてしまいます。断熱性と気密性を兼ね添えていなくては、お湯をちょうどいい温度で保つことは難しいのです。

高気密・高断熱住宅だと家の中の温度を快適な一定温度に保ち、温度差がほとんどありません

家の中の上下、部屋間の温度差がほとんどないので温度差による体が受けるストレスを解消します。
温度のバリアフリーを実現することで、心身ともに健康になれる家を可能にします。

温度感温度差の比較イメージ

『魔法瓶の家』高気密高断熱の魔法瓶の家こちらでさらに詳しく紹介しております。

断熱材にこだわる(Q値)

断熱性能を発揮する硬質発泡ポリウレタン

  1. 1防露性能(35年無結露保証)
  2. 2水に強く火に強い(経年劣化がない)
  3. 3うすくても抜群の断熱性能
  4. 4ばらつきのない断熱性能(吹き付けと比較)

薄くて高性能な硬質発泡ポリウレタン:グラスウールの2倍の断熱性能

気密性にこだわる(C値)

断熱性が低く隙間の多い住宅での冷暖房は、ざるに水をためるようなもので、たくさんのエネルギーを絶えず注ぎ続けなければなりません。気密をしっかりとることで適温の空気がざるの目から次々と外に漏れてしまうことを防ぐことが出来ます。

空気の質にこだわる

高い気密性能により隙間をなくすことで外気からのほこりや花粉を大幅にカット。計画的な換気でホルムアルデヒドや汚れた空気を隅々まで入れ替え空気環境を整えます。 

温度のバリアフリーにこだわる

室内の温度差がほとんどんなく、温度差による体が受けるストレスを解消。ヒートショックによる生命の危険もなくなります。

人と地球にやさしい省エネにこだわる

保温性が高いから冷暖房にかかるコストを抑えられます。夏にエコエア(熱交換型換気システム)を使用すれば排出する空気の熱を無駄なく換気するから、光熱費を節約、CO2を削除します。

家族の健康にこだわる

通気層構造と水に強い硬質発泡ポリウレタンが湿気をガードするから壁内結露が発生せず、サッシ周りも熱伝導率が低いものを使用するから結露がなくカビやダニの発生も抑えることができます。

空間のプランニングにこだわる

家の中の温度差がほとんどないから広がりのある吹き抜けや勾配天井もライフスタイルに合わせて自由にアレンジできます。大空間でも冷暖房効率も気になりません。

性能報告にこだわる

建物の気密性を確認する気密測定を実施し、性能を目で見える数値で報告します。

たくさんのこだわりがあるから、快適で健康な生活が実現ができます!