大切なものを守れる家づくり

大切なものを守れる家づくり
耐震・制震・保証

いざという時に家族や家を守れる地震に強い構造。地震に対する倒壊、崩壊のしにくさを表す耐震等級は3の最高等級。そして、繰り返しの揺れに強い制震構造をプラスした最強ペア。いざという時に力を発揮して家を守ってくれる保証システムも充実。LIXILやJIOがバックにいる安心感があります。

構造で守る/地震大国の日本だから地震に強い構造をしっかり考える

大きな地震があっても家にいれば安心 !そんな家を造りたい!!
住宅性能表示制度の耐震等級は標準で最高等級の3(相当)を確保(全棟標準)

「耐震等級1」建築基準法クリア。「耐震等級2」建築基準法の1.25倍。「耐震等級3」建築基準法の1.5倍(消防署、警察等災害時の拠点となる建物と同等)

<構造イメージ>『耐震;グランドスクラム構法』+『制震:EVAS(イーバス)』

	そのために 『グランドスクラム構法採用』『木材の量は耐震 1と比べると1.3倍』『LIXILグループの構造計算体制』

制震の為の次世代制震システム「イーバス」

建物の変形量が半分になるから繰り返しの
揺れに強い建物になります。
全壊しない家がいいのではなく、安心して
生活が継続出来る家であることが大事です。

モノコック構造 + 粘弾性体
だから、家族を守れる家になる!

保証で守る/いざという時に頼りになる保証をしっかり考える

資産価値のあるしっかりした家だから保証が付く、そんな家を造りたい!

保証とひとくちにいっても内容をよく比べてみるとかなり違いがあることが分かります。
いざという時に本当に大事な資産を守れる保証なのかをしっかりチェックすることが大事です。
自信があるからしっかりした保証を付けることが出来る、だから、資産価値の高い家だといえるのです。

地盤保証

一見、同じように見える宅地でも、精度の悪い造成地や樹木やゴミなどをそのままにした埋め立て地、水路の付近などは、地盤が軟弱と言われています。これら精度の悪い土地に不用意に家を建ててしまうと、建物が傾斜するなど、思わぬ事態を招くこととなります。だから、地盤をしっかり調査して適切な基礎工事を造ることが義務づけられていて、それに対して5,000万までの保証が付きます。

完成引渡保証

お客様がご契約されたお住まいの “完成” “お引渡”を100%お約束します。
万一、会社が不測の事態により契約を遂行できなくなった場合でも、
お客様のお住まいの“完成” “お引渡”を100%お約束する保証です。

地震建替補償

強い構造体と独自の検査体制で高い耐震性能を誇る建物を造ります。その構造に自信があるから耐震の補償を付けることが出来るのです。これは、万が一お客様の家が地震の揺れを起因として全壊した場合、建て替えを補償し、建て替え費用の一部も負担する制度です。10年間最大2,000万まで補償。

瑕疵保証

全ての新築住宅において、瑕疵担保履行法に基づき瑕疵の補修が確実に実施されるよう保証が義務ずけられています。

長期継続点検

家は完成させて終わりではありません。建物の資産価値を永く保つためにも、お引き渡しをした後、長期にわたり住まいの健康状態を点検していきます。家は建てるまでも大事ですが、建ててからのメンテナンスもとても大事になってきます。
だから、資産を守れる家になる!