アイケーホームの『魔法びんの家』

2020年に家づくりが変わります。 新築の場合、次世代省エネ基準が義務化されます。さらに!2030年も、新築の場合、ゼロエネ住宅が義務化されます。将来を見据えて家づくりをしっかり考える時がきました!

アイケーホームは、魔法びんのような家をおススメします!

夏涼しく冬暖かいの図

 魔法びんに温かいお湯を入れるとずっと温かさを保つことが出来ます。気密性と断熱性がしっかりしていればいるほど、温かい空気を逃がさずに保温出来るから、この温かさは続きます。気密性だけでも、断熱性だけでも、魔法びんにはなりません。両方を兼ね備えているから、魔法の瓶になるのです!

魔法びんの家にする為の3つの要素

高気密・高断熱・耐久性

快適な温度を保つために断熱性(Q値)の高い硬質発泡ポリウレタンを断熱材に使用。そして、熱を逃がさないようにしっかり気密(C値)をとります。硬質発泡ポリウレタンは水に強いので、壁内も無結露だから耐久性にも優れています。(35年壁内無結露保証)

計画換気システム

快適な温度・湿度を保つために外からの空気の温度と湿度を調節して部屋に入れます。(第一種換気/熱交換型換気システム)新鮮な空気を快適な温度で入れて部屋の空気を2時間に1回入れ替えるから、空気環境を常にいい状態に保つことが出来ます。

冷暖房

水を魔法びんに入れただけでは温かくならないのと同じで、家も一度温めることが必要です。エアコン等の冷暖房器具を使って部屋を快適な温度にすると一度温かくなった温度を 継続的に保てるので、冷暖房効率がともてよく 経済的で省エネです。 

だから

お風呂やトイレが!

魔法びんのように気密性と断熱性を兼ね備えた家は家の中の温度が一定に保たれるので、居室と廊下とお風呂と
トイレ、みんな同じ温度です。

健康的で安心!

部屋の温度を一定に保てると体に負担がかからないから健康的な生活が送れます。冬のヒートショックの心配はなく結露によるカビの発生もないので、きれいな空気でぜんそくやアトピーも改善できるのです。

経済的で嬉しい!

快適な温度をずっと保てるから、光熱費も少なくてとっても省エネです。
だから、人と地球とお財布にとってもやさしい家なのです。
(光熱費1/2住宅)

将来のことを考えて、まず家の性能を高める高気密・高断熱の魔法びんの家に住むことをおススメします。これは、ずっと前からアイケーホーム のこだわりです!※東久留米のモデルハウスで 『魔法びんの家』 体感できます!