都内の土地有効活用~多世帯住宅~

多世帯とひと口にいってもいろいろな形があります。親子、兄弟、祖母と孫・・・。
その家族に合った形で、それぞれが幸せに暮らせる方法をしっかり考えてみることが大事です。
たとえば、都内で土地をお持ちの方で家づくりを考えている方は、多世帯住宅をおすすめいたします。
アイケーホームなら、デメリットをメリットにかえられることがたくさん見つかります。

都内で家づくりを考えている方のお悩み解消

土地有効利用/多世帯住宅という選択「メリットをメリットに変えるご提案」

  • 土地の価格が高い→都内に土地がある安心
  • 相続時の税金が心配→居なら相続税が安い
  • 子育てしながら働くのは大変→多世帯だから育児が協力できます
  • 建築資金が不足→土地代不要だから余裕ある

都内で土地から家づくりを考える時、資金的に建物とのバランスが難しいことがよくあります。
だったら、今ある土地を有効利用してデメリットをメリットに変えられる多世帯住宅を考えてみるのはどうでしょうか?建物にも予算がとれることで、快適で安心して暮らせる住まいがみえてきます。

アイケーホームの家づくりなら

  • 『都市型住宅』限られた敷地 ・ 地域の制限 ⇒ 豊富な経験と実績に基づき、ニーズに合ったプランニング
  • 『耐震』~耐震等級3(相当)標準~ 構造計算 ・ 金物工法
  • 『制震』~繰り返しの揺れに強い~次世代制震システム”EVAS”
  • 『性能』~省エネ ・ 健康住宅~ 高気密 ・ 高断熱 ・ 高耐久

強さ(耐震・制震)と優しさ(省エネ・健康)を兼ね備えた家だから家族がずっと一緒に安心して住めるから
多世帯のための 「住み継がれる家」 になるのです。

土地有効利用/賃貸住宅の経営という選択

今まで都内の賃貸住宅、併用住宅も数多く手がけています。収支計画からニーズに合ったらプランニング、相続、借地権のことまで、何でもご相談ください。建築のプロの提案だから、資産価値の高い建物になります
ずっと安心が続くから 「長く住みたい家」になるのです。

地域のデメリットを解消できる、地域に合った家づくりをご提案

<世田谷地域/都市型の木造3階建>

都心での家づくりの場合、敷地が限られている分、上に階数を重ねるご提案をすることが多いです。コスト的には木造住宅だけれど、構造的に不安だと思っていませんか?アイケーホームでは、木造の3階建で耐震等級3(相当)を全棟実施しています。住宅性能評価の耐震等級3とは災害時の拠点となる消防署や避難場所等と同等の強さです。その強度は、緻密な構造計算に基づいた耐震を考えたプランニングで実現しています。コストと優れたプランニングと安心のバランスをよく考えてみてください。

だから、都心の限られた敷地を有効利用するために3階建をおススメします。

世田谷地域/都市型の木造3階建

<東久留米地域/木造2階建+ロフト (DRP/屋根断熱)>

都内でも郊外の場合は、防火規制が緩い分、階数規制や面積(建ぺい率、容積率)の制限が厳しくなります。そこで、ロフト(屋根裏)を有効活用することがプランニングのポイントになってきます。ロフトを有効活用するためには、屋根に近い分、暑さをいかに軽減させるかが問題です。アイケーホームでは屋根の部分に断熱性の優れたパネルを使用することでロフトにこもってしまう熱を遮断できるから、色々な用途に使える快適な空間を作ることができます。

だから、限られた空間を無駄なく使うことができる 2階建 + ロフトをおススメします。 

<東久留米地域/木造2階建+ロフト (DRP/屋根断熱)