ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

社長の本気

TOPBLOG
社長の本気

エアコンの目安を知ってますか

2020.12.27 (SUN)

責任者をしてます飯島です

エアコンを買う時に『冷房の効きが悪いと困る』ので、ついつい大きめな

機種を選定しがちではないかと思います。しかし、カタログに記載された

暖冷房能力の目安である『〇〇畳』という表示があることはご存じです。

 

実は『〇〇畳』という表示は、断熱等級3程度の貧弱な建物性能を想定

したものなんです。エアコンメーカーはクレームが怖いので熱負荷を大き

めに見積もって事実がありますし販売店側も安全な大きめ(高価な)機種

を進めたがります。

 

このことから、これでは最近の『高断熱高気密=高性能住宅』では明らかに

能力過剰になり使用時の省エネ効率低下を招いてしまうことになります。

 

最近の超高性能住宅では、夏の冷暖房用エアコンを建物上部のロフトなどに

1台だけ設置して家中を冷やしている家もあるくらいです。

 

エアコン設定を考える場合は、『真の夏旨住宅』の生活を考えて設定して

いくことが良いようです。いずれにしても、家の断熱・気密が大きく変わっ

てきてますので空調関係の施工の仕方も今までとは違いことを認識して

ご相談が良いと思います。

この冬の時期、エアコン1台でも大丈夫な家

2020.12.26 (SAT)

責任者をしてます飯島です

各階『エアコン1台』で快適な生活が出来ます。

換気システムの工法によっては、1,2階でエアコン1台でも大丈夫という

ことも考えられます。

 

家づくりの壁・屋根・床の外に面したところの断熱性能を高めることと

工事中『気密性能』をしっかりと施工することでエアコンの効きめは

大きく違ってきます。

 

壁の中の断熱性とともに窓のサッシと硝子からも冷気は出入りしてしまい

ますので製品選びが大事となってきます。

 

いつもここで言わせていただいてますが『気密性については、大工の技術力

と軽減劣化しない断熱材を使用することが大事となってきます。』

 

コロナ禍のこの冬の寒さを快適に過ごすことが出来ることが、何よりも

『お家生活が楽しくなることと思います、音の問題も断熱性をしっかりと

することで解決していきます。』

 

高断熱高気密住宅』こそが、これからの『自宅テレワークの時代』には

お客様が生活して住まわれて『良かった』と必ず言っていただける家となります。

 

室内空気&環境を安心安全にしていく為には、絶対に『プレミアム魔法びんの家』

をご提案させていただきます。

エアコンは連続運転がお得です

2020.12.25 (FRI)

責任者をしてます飯島です

エアコンの使い方のお話をさせていただきます。

日本人は長い間、暖房なしの生活に親しんできた時代があります。

 

その為に、エアコンもこまめにオン・オフすることが省エネになると

考える日本人が多いようです。確かに断熱性能や気密性能が低い住宅

では、こまめにオン・オフするほうが省エネになります。

 

しかし、断熱性能が高い住宅ではどうでしょうか。たとえば、関西

電力が行った実験があります。外気温度を35℃に一定にした時に、

室内はエアコンを設定温度28℃で冷房運転をしました。

そして、室内温度が安定した状態から5分間エアコンを停止して、

再度設定温度を28℃で115分間運転しました。運転時間は合計で

120分にしてみました。

 

この時の消費電力を測りますと、エアコンを停止せずに120分間連続

運転した場合と比べて、消費電力量は15%多くなったそうです。

 

他にも、このよな実験データーはありますがどの実験も連続して運転

したほうが電力代はかからないという結果が出てるということです。

 

エアコンも車と同じで立ち上がり時には、安定時に比べて5~6倍の

電力を消費するということもわかってます。

 

これからも『エアコンの使い方』は、もう一度考えて使用してみた

ほうが、快適であり省エネでもあるということをご理解いただき

ご使用なることをお勧めいたします。

 

絶対にプラスとなります『高断熱高気密住宅』で省エネで快適な

生活をしていただきたです。

『性能住宅』と言っても色々あります

2020.12.22 (TUE)

責任者をしてます飯島です

『性能住宅』という言葉を最近よく目に耳にすると思います。

言葉で言うのは簡単ですが、なかなか難しいことなんです。

 

『性能』ありきですと、見た目が良くない企画型住宅となってしまう

ということです。数を多く建ててるハウスメーカーになればなるほどに

企画型住宅にしていかなければ職人さんがついてこれないことになって

しまうと思います。

 

見た目を重視してきた大手メーカーは『細かな作業をする性能重視』の

仕事が出来る職人さんは多くいないと思います。

 

また、価格を重視してきたローコストメーカーはお金と職人さんの

バランスが取れなく『性能住宅の技術力』を出すことが出来ません

 

1棟1棟手作りを得意としてる工務店なら出来る仕事となります。

ここでも難しいことが起こります。『性能住宅+見た目良し住宅』の

家づくりは、また出来ないものなんです。

 

アイケーホームでは、長い歴史の中で考えて答えが出ました。

『LIXILのスーパーウォール工法+建築家+技術のある職人さん』

 との組み合わせが出来ることになりました。

 

『地元で長い材木屋、建材屋、サッシ屋をやってる経験から良い仲間に

 恵まれて出来た形です』。

1,性能住宅=Ua値、Q値、C値測定をしてます

2,見た目良くて、室内動線の良い家づくり石井先生直接ご提案

3,地震に強い耐震等級3&制震システム標準となってます

お客様の土地だけに合った100%の注文住宅が、アイケーホームでは

出来ることになりました。

『価格だけ考えた家づくり』で後悔しませんか

2020.12.21 (MON)

責任者をしてます飯島です

『家づくり』って一生に一番大きな買い物ですよね。

ですから、お客様は当たり前に慎重になるんです。

 

しかし、今の時代に『価格重視』のみで選んでしまったら絶対に後悔します。

ひと昔前と今とでは『家づくり』の考え方から工法も大きく変わってきました。

 

住んでから『この家で良かった』と思えない家づくりは失敗となります。

今の時代は『家づくりは箱物づくりから、快適空間づくり』という

見るから体感型の家づくりを考えてますお客様が多くなってきてます。

 

『性能住宅』ですね。『室内が快適であり、結露がなく温度差が少ない

家づくりが住まわれてから心地好さを感じられる家づくりとなります』。

 

温度差が少なく、結露がしなくて省エネ住宅は室内どこにいても最高に

心地好く生活が出来ることになります。

 

ここ5年、10年ぐらいに東大の坂本先生、前先生、近畿大学岩前先生達が

『高断熱高気密住宅』の本をだして大勢の皆様方に読んでいただいてる

というお話も聞いてますし、全国あちこちで講演も先生方はされてます

のでここにきて『家づくり』考え始めたお客様ほとんどの皆様は、

この先生方の本を読まれてます。

 

時代は、大きく変わってきてます。

絶対に『高断熱高気密住宅』を考えていかなければ後悔してしまうと私も

思います。先生方の本から、また私の現場実践のお話を聞いてください。

後悔させません、喜んでいただけると自信をもってます。

今まで、地元で長く家づくりをしてきた誇り

2020.12.20 (SUN)

責任者をしてます飯島です

地元で長く『家づくり』をさせていただいてますので、自信と責任があります。

戦後、材木屋・建材・ガラス・サッシ・工務店・アイフルホームとお客様と

お付き合いをさせていただき感謝の思いで一杯でございます。

 

今までのことを考えて、またこれからのことを考えますと絶対に『信頼を落す』

家づくりは出来ないことを肝に銘じた全員で対応させていただいてます。

 

一生に一番大きな買い物ですので、お客様に失敗をさせるわけにはいきません。

『家づくり』から満足感・快適性・省エネ・・・そして家の維持管理が2倍も

長持ちする家づくりを、建築家石井亨先生とのコラボでご提案させていただいてます。

 

アイケーホームの家づくりも長い経験の中から良いものを取り刺し他メーカーには

ない形づくりが出来てきました。プラス建築家からのご提案により『より住み方

動線が心地良い家づくりとなってきました』。

 

一生に一度の大きな買い物です。是非一度お話を聞いていただき『家づくり』の

ご参考にしていただけたら幸いです。

 

絶対に後悔させない家づくりのお話をさせていただきます

ご紹介をいただきました

2020.12.19 (SAT)

責任者をしてます飯島です

12月のこのコロナ禍の時期ですが、知人より嬉しいご紹介をいただきました。

今の時代の家づくりをお考えのお客様はなかなか難しい時代に、大きな資産

づくりを考えていくので何かと大変かと思います。

 

しかし、このコロナ禍の時代に入りまして家の中にいる時間が多くなってきた

ことがありますので賃貸からマイホームを考えるお客様が多くなってきてる

ように思われます。

 

また、近隣上下間の音の問題もあることとご夫妻が一緒にテレワークをご自宅

で行うケースも多くなってきてるというお話も聞いてます。

 

状況から建替えのお客様もいますが、土地探しから新築というお客様の方が

圧倒的に多くなってきたように思います。

 

このコロナ禍の時代になってからは、東京に越して来る人口よりも東京から

出ていく人口の方が多いということをニュースでいってました。

東京の人口はもともとが多いですから、そのなかでも東京のなかで自宅をと

考える人が多いことにもびっくりするやら尊敬するやらの毎日です。

 

今のお客様のニーズをしっかりと確認していただき、お客様に喜んでいただ

けるご提案をさせていただきます。このコロナ禍の時代に家の中の生活時間

が長いということは、省エネであり結露しなくて温度差が少なく快適温度で

生活が出来る『プレミアム魔法びんの家』こそが絶対に喜んでいただけて

後悔しない家づくりとなる確信のなかで地震をもってご提案させていただき

ます。

お客様から嬉しいお話いただきました

2020.12.18 (FRI)

責任者をしてます飯島です

近隣のお客様から嬉しいお声かけをいただきました。

『飯島さんですね。こんにちは。』とマスク越しにわかっていただいた

ようでしてお客様からお声をかけていただきました。

 

事務所の近くのスーパーの入り口でした。

お客様はお嬢様と一緒にお買い物ということでした。

 

『この寒い冬を初めて向かえたんですが、暖かくて暖かくて本当に

お話を聞いてたとおりに心地好く生活が出来てます。夜中のトイレに

行くことも苦にならなくなりましたし、朝起きても去年までの寒さを

感じることがなく本当に良かったです。』となんとも嬉しいお話を

スーパーの店先で立ち話でしていただきました。

 

お嬢様も今まで以上に来る回数も増えたと言ってまして、嬉しそうに

お話をしていただきました。

 

寒さも強くなってきました昨今ですので、なおさら快適性を感じていただいてるようでした。

 

今年の3月に雪が降った日に、完成お引渡しが出来たお客様でした。

その時にも『この寒い日なのに、アイケーホームさんが持ってきて

いただいた電気ストーブ1個だけなのにこんなにも暖かくなるなんて

これが魔法びんの家ですか。良かった満足感を感じました。』

 

お客様に『良かったです。満足してます。』と言っていただけること

が何より嬉しく私の気持ちも『喜んでいただき良かった』という満足

感で一杯です。『嬉しいお言葉をありがとうございました。』

『賃貸住宅』のお清めが出来ました

2020.12.15 (TUE)

責任者をしてます飯島です

本日、コロナ禍のなかですが幸いにも日差しもさし暖かのなかで

大型賃貸住宅の『お清め』をすることが出来ました。

 

このコロナ禍の時代に新たな気持ちで、時代に合った『賃貸住宅』

のご注文をお客様からいただくことが出来ました。

 

このコロナ禍の時代を向かえて『家づくり』の考え方も間違いなく

変わってきてます。

 

変わってきてますが『お客様が安心・安全な気持ちで室内で心地

好い生活が出来ることはいつの時代も同じだと思います』

 

お客様に喜んでいただける家づくりを自信もって施工させていただきます。

今までも『石井先生によるプランの賃貸住宅は、お客様のご希望と

その場所と環境に合ったプランはいつも不動産屋さんから絶賛して

いただいてます。回りの家賃よりも高くても先に決まってしまうんです』

というお話をよく聞きます。

 

この度も、久が原という閑静な住宅街ですので賃貸らしい賃貸ではなく

回りの邸宅にあった雰囲気の賃貸住宅をご希望でしたので、しっかりと

石井さんの提案を気に入っていただきご契約をさせていただきました。

 

閑静な住宅街の佇まいのなかに建つ『賃貸住宅』の完成を楽しみに

していてください。『本日は、おめでとうございます。』

家の価格差はどうして起こるのか

2020.12.14 (MON)

責任者をしてます飯島です

昨日も書かせていただきました『家の価格』についてもう少し

書かせてていただき、参考としていただきたです。

 

家づくりの価格は、皆様もご存じの方法は『坪単価』という言葉を

耳にすることが多いと思います。

 

家づくりの価格は、建物価格以外にも外構工事・照明・エアコン・

地盤改良費・カーテン・登記費用・引越費用・火災保険・・・・

等々がございます。

 

上記の建物以外の価格設定はどのメーカーも外注となりますので

大きく変動はないと思います。大事なところは『建物価格』です。

 

メーカーにより考え方が、ここには一杯詰め込まってます。

一番の考え方は『お客様ファーストか自己会社ファースト』かで

家づくりの考え方プレゼンの仕方が大きく変わってきてます。

 

当然、どこでも自分の会社は大事と思う仕事は当たり前だと思います。

と同時にお客様ファーストの考え方をすることが自分達をも守れる

ということを前提にした家づくりのご提案をしていくことが大事です。

 

ここは自信もってぶれずに『お客様ファーストの家づくり』を通しきる

ということが大事です。『自分の家づくりもしたくなるご提案が一番

大事だと思います』お客様にご提案してるのにも関わらず自分の家づくり

は違うというメーカー社員も多くみてます。

 

是非、一度お話を聞いてください。

家づくりの価格の違いって何だと思いますか

2020.12.13 (SUN)

責任者をしてます飯島です

最近、コロナ禍の時代になってきて世の中全体に経済は間違いなく

厳しくなってきてます。

 

『家づくり』の考え方も変わりつつあると感じてます。

価格だけで決めたら、後で後悔することになってしうということは

いつの時代でも同じだと思います。

 

このような時代だからこそ『吟味してトータルで考えなくては後悔して

しまうことになりかねないです。』目の前の価格の高い安いで決めがち

なお客様もまだまだ多いと思います。

 

なぜ価格差があるのかです。

この今の日本の色々な製品をみても『中身と内容からの価格差が

あるという製品&商品は少ないと思います。』

お客様自身が情報化時代ですので良く勉強してるのもありますが

企業側からしても、中身と価格差を大きくして利益を多く追及していこう

と考える企業も今は見破られてしまいますので適正価格が当たり前の時代

になってきてます。

 

そこで『家づくり』も本当に同じことなんです。

適正価格がございます。絶対にラッキーな価格はないと思います。

多くの種類に製品と多くの職人さんとが融合して初めて良い家づくりと

なるのですから、決してラッキー価格はないのです。

 

高いは高い理由がありますし、安いは安い理由がはっきとあります。

このことをしっかりと情報を得て勉強されて価格の中身をしっかりと

みていただけたらわかります。その為の『自分のものさし』基準が

ご理解してなければ失敗してしまいます。

ご来社していただきましたお客様には、私の長い経験談のなかで

実例からお話させていただきます。

是非、一度聞いてください後悔させません。

コロナ禍の時代に税金据え置き

2020.12.12 (SAT)

 

責任者をしてます飯島です

新型コロナウィルスの感染拡大が国民生活に与える影響を念頭に、

国は住宅や自動車を巡る優遇措置で景気の下支えや負担軽減を

目指す内容が来年度予算に盛り込むということが発表されました。

 

固定資産税は、住宅地や商業地、農地など全ての土地にかかる

税金が負担増とならないよう特別措置を講じるということに

なりそうです。

 

増税となる場合は税額を2020年度と同額に据え置くということです。

減税となる場合は反映するということです。

 

土地の評価額は、地下の動向に合わせて3年に1度見直しされます。

21年度からは普通であれば新しい税額になる予定だったのです。

 

22年度以降の課税は原則として今年の1月日時点の地価を基準と

する予定ということになってるそうです。

 

このコロナ禍の時代に、多くの国民はいままでに経験したことない

ほどの大きな打撃をうけてます。今こそ政治家の皆様に国民に沿う

考え方で政治運営をしていただきたいところです。与党、野党と

言ってる場合では絶対にない状況です。

 

政治家の皆さんにお願いします。今こそが政治力を発揮する時です。

国民は苦しみ耐えてます。国民にしっかりと向いた政治をお願い

したいです。

前のページ 次のページ
TOP
資料請求はこちら