ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

足元が寒い家は高血圧になりやすい

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

1年のなかでも寒いこの時期、『室内を温かくする」』ことが特に

高齢者や女性は低いと血圧の上昇幅が大きいことがわかってます。

 

たとえば起床時の居間室温が20度から10度低下すると、平均的な

生活習慣の30歳男性の血圧が4.1mmHg上昇するのに対し、80歳

男性の血圧は10.3も上がるという結果がでてます。

 

さらに、女性の80歳は20度の室温であれば135で正常血圧範囲で

あったのに、室温低下によって146と『高血圧症』になってしまっ

たという結果が出てます。

 

普段は高血圧症でなくても、室温によって高血圧症になる可能性を

留意しなければならないということです。

 

また、たとえ暖房によって室温が18度以上に保たれていたとしても

冷気は下にたまりやすく、足元付近が寒い可能性が大きいです。

 

足元が寒い群』では『そうでない群』と比べて1.5倍も高血圧で

治療を受ける可能性が高くなるというデーターを慶応大学の伊香賀

教授が指摘してます。

 

冬の室内温度を保つことがいかに『健康寿命を延ばす』ことに関連

してるかということです。ですからアイケーホームは『魔法びんの家』

のご提案させていただいてます。

 

是非、一度お話を聞いていただけますか。

ご一報をお待ちしてます。

 

TOP
資料請求はこちら