ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

昨日に続けて『住宅の断熱性と健康』のお話です

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

昨日に引き続き『住宅の断熱性と健康』についてお話をさせていただきます。

断熱性の低い家では、冬の家のなかが寒くなることで健康を害する場合が

あります。部屋の寒さと健康は関係が多いにあります。

 

部屋の温度が18℃未満になりますと、心臓などが病気になる危険性が高まる

というイギリスの調査結果が発表されてます。健康の為にも部屋の温度は少な

くとも18℃以上にすることが大切だということになります。

 

また、冬に死亡する人の数が夏に比べて増えたしぼうr割合っを都道府県別に

みますと寒い地域よりも関東地方の方が多いという結果がでてます。

 

『家づくりの準備』がしっかりとしてるかどうかなのです。

寒い地方の家の建て方は、関東地方よりも『断熱と気密性』がしっかりとした

家づくりになってるということです。

 

関東地方においても『断熱と気密性』を高めた家づくりをすることにより上記

で書いたような関東地方の死亡率にはならないと思います。

 

『家づくり』を考えていく為には絶対に関東においても『断熱と気密性』を考え

た家づくりこそが『健康住宅の家』となります。とくに断熱性の低い家では、

暖房した部屋とお風呂やトイレでは10℃以上の温度差が生まれやすい為に、

温度差でおこる『ヒートショック』が冬に亡くなる死因の一つとなります。

 

ぜんそくやアレルギーなどの病気もった人が、断熱性の高い家に引っ越した結果

病気の症状が改善されたという調査結果があります。

 

もちろん、すべての病気の人が健康になるわけではございません。

『断熱性と気密性』が高い家は、健康に良い影響を与える大きな理由となります。

上記から、アイケーホームでは『プレミアム魔法びんの家』をご提案させていた

だいてます。これかも引き続き宜しくお願い申し上げます。

TOP
資料請求はこちら