ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

夏の日射し対策

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

これから夏を向かえますますが、夏は日射しが室内に入ると暑くなるため

日射しをさえぎることがたいせつです。色々とやり方はあります。

 

夏は日射しをさえぎり、冬はひだまりをつくる。

耐用は夏の昼間がもっとも高度が高く、冬は低くなります。

家を建てるときには、部屋の窓の方位や、部屋に差し込んでくる日射しの

角度などを考えて、出来だけ夏の日射しがさしこまない、

また、冬はひだまりをつくるように工夫すると快適な家となります。

 

ゴーヤやアサガオなどのツル性の植物を、窓の外や壁面にはったネット

などにはわせて、カーテンのようにおおったものを『グリーンカーテン』

といい最近では見かけるようになってきたと思います。

 

しげった葉が、窓から入る日射しをさえるとともに、葉から水分が蒸発する

際にまわりの熱をうばい、涼しい風を室内にとりこむことができます。

 

建物の外側に設置して、室内に入る日射しを調整できる日よけとするもよい

と思います。その下は大きな日影をつくることになります。

 

これから暑くなります夏の暑い日差しをいかに遮断できるかが、また大きな

省エネ効果となります。これからの家づくりには『性能』を考えた家づくり

こそが大事と私は思います。

TOP
資料請求はこちら