ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

『高断熱住宅』は『高気密住宅』とセットが必要

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

 

『高断熱住宅』は『高気密住宅』とセットで初めて『性能住宅』に威力が発揮出来ます。

たとえば真冬にダウンジャケットを着ても、首元に隙間が空いていては寒いものです。

 

同じ感覚で、壁内、床下、天井裏、などに分厚い断熱材を設置することで断熱性を高め

ても、石膏ボード同士の間や壁と窓サッシの間にほんの少しの隙間があれば、そこから

外気や内気が出入りしてしまうことになってしまいます。

 

高気密住宅とは、このような隙間をなくして空気の出入りをしないようにすることが

絶対的条件となります。この隙間を無くす施工方法が、また大事となってきます。

テープなどで隙間を塞ぐ工事をしますけど、あとあと剝れてきて隙間が出てしまうよう

な施工は絶対駄目な方法です。隙間から空気が出入りしてしまい結露の原因となって

しまいます。

 

家の隙間がなくなります』と真夏に外が暑くても室内温度は影響を受けにくい為、

エアコンが効きやすく、涼しさを保つことが出来るようになります。また冬も室内の

暖かさが外へ漏れにくいことから、室温をキープしやすくなります。プラス結露も

発生しなくなります。

 

『高断熱・高気密住宅』な家に住んだ場合は、夏は冷房の温度設定をそれほど引くく

する必要はありません。冬もエアコン、床暖房などの温度設定を抑えることが出来ます。

光熱費が節約出来ることになり『省エネ住宅』となり健康住宅で健康寿命が長く保た

れる家となります。

 

お金と共に大事な健康がついてきます『高断熱高気密住宅=魔法びんの家』をこれかも

お客様にご提案し続けていきたいんです。

TOP
資料請求はこちら