ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

『気密性能』の数値をお客様は知ってますか

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

 

お客様は家づくりをする時に『自分の家づくりのC値の数字を幾つにしたら

心地好い生活が出来る』のかご存じでしょうか。

 

高気密高断熱の家ということは、どこのメーカーも言ってると思います。

一番大事なことは『自分の家は数値が幾つですか』ということです。

東大の坂本先生と前先生は『C値1.0以下にすることが、快適な家となります』

というお話を本を出し講演をしてお話されてます。

 

平成11年に次世代省エネ基準では、この東京のⅥ地域のC値の基準をなんと

C値=5.0以下と低い数字となってます。坂本先生の数字と比較して相当な

低レベルな数字となってます。

 

『数値5.0という低レベルな話をしてるところからみても、気密測定をしてない

メーカーが多くなってるのが現状だと思います。』

 

北海道地区においてもC値2.0ということになってまして、いかに住まわれてる

人達を一番に考えてない結果の数字となってます。

 

ですから、東大の坂本先生の言ってます『C値1.0以下が望ましい』という数字

と比較して、いかに国の数値が低いことがわかります。しかし、その低い数値

に対しても1棟ごとに測定して出してるところは今もって少ないのが現実です

 

この東京では『C値1.0以下』であることが『心地好い快適な省エネの生活が

出来る保証となります』この20年間高断熱高気密住宅をやってきた弊社です

から言える数値だと思います。

 

TOP
資料請求はこちら