ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

『2050年の家づくり』のセミナーがありました

アイキャッチ画像

2050年にむけた高断熱の家づくりHEAT20  G2・ZEHを標準化に』というテーマで

東北芸術工科大学教授の竹内昌義先生がこれまでに提案してきた『2950年のあり姿』

のお話と最新の社会情勢についてのお話でした。

 

武内先生がお話する一つ『2030年に新築でカーボンニュートラル』は、IEA(国際

エネルギー機関)のロードマップでも掲げられている『世界の常識』だそうです。

 

しかし、日本の2030年の目標は、脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策

新築のカーボンニュートラルは本来は『太陽光発電100%+省エネ50%以上』だと

竹内先生は定義してます。エネルギー消費50%減を実現出来れば6kW程度の太陽光

発電でゼロエネルギー住宅が現実的になるというお話をしてます。

 

日本では、まだ多数の火力発電所が稼働してますが、国際社会は日本に石炭火力の

全廃を求めてる現状があります。

 

なかなかそこに到達することは長い期間がかかることと思います。

とにかく、日本の家づくりの性能を1年でも早く欧米並みにすることがお客様第一

の家づくりだと思います。

 

多くのハウスメーカーがあります、色々な考え方があります。一番は価格の問題

から『お客様ファースト』の家づくりが出来てないところに問題はあります。

TOP
資料請求はこちら