ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

温度の境目に注意

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

 

暖かく湿った空気が冷えると、結露が発生します。そのメカニズムは、決して

難しいものではないのです。住宅のうえの結露トラブルを防ぐ方法はあります。

 

暖かい空気は水蒸気を多く持ってます。空気が保持出来る水蒸気の量は、湿度

によって異なります。たとえば、体積が1㎥で気温25℃の空気が保持できる水蒸

気は、最大で23.1gと言われてます。

 

同じ体積で気温10℃の場合は、最大9.4gになるということです。簡単に言い換え

ますと、『暖かい空気は、冷たい空気よりも多くの水蒸気を持てる』ということ

です。

 

では、、なぜ結露はおこるのでしょうかということです。

仮に、気温25℃で1㎥当たり9.4gの水蒸気を持ちきれなくなります。持ちきれ

ない分の水蒸気は、気体から液体にかわるのです。住宅内の結露も同じです

 

冬季に暖房した室内は暖かいが外は当然寒いです。夏期に冷房した室内は涼しい

けど外は暑い状態です。気温がことなれば空気の持てる水蒸気量は異なります。

どちらにしても暖かい空気が冷えると、結露は発生します。

 

上記から、家づくりの中で一番難しいのは『壁内結露』というやっかいな結露

発生です。ヨーロッパでは、この結露から家が腐食してしまうと『結露』から

の保証が付いてるほど徹底してます。日本は耐震性能には瑕疵が付いてますが

結露には今はないです。この結露が家の寿命を短くしてしまう原因となります。

アイケーホームの家づくりは『無結露保証35年間』がついてますので絶対的に

家を守る為の安心感があります。

 

 

TOP
資料請求はこちら