ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

投稿

POST

家づくりには、規格型と自由設計があります

アイキャッチ画像

責任者をしてます飯島です

 

ハウスメーカーには、規格型住宅と自由設計と2通りのメニューがあります。

企画型というのは、文字通り間取りや窓の大きさや位置などの企画が決まった家

(壁や床、内装等の見た目には、ある程度自由度があります)のことです。

 

カタログを見たり、モデルハウスを見たりしていくつかの中から『これがいい』

と選んだ中から決めていく方法なのです。

 

『造る家』というより『選ぶ家』ということになると思います。つまり、規格型

住宅の場合は、気に入った間取りがあるかどうか、この一点となりますね。

 

『それならば、自由設計にしよう』と思うお客様が多いかと思います。ハウス

メーカーと工法によっては設計の自由度は違ってきます。

 

また、首都圏と地方でも『家づくり』の考え方は違ってくるのは当然かと思い

ます。比較的土地の大きい地方の家づくりの考え方は違うと思います。

斜線規制はない、隣地との距離も確保されてる、工事中の駐車スペースも充分

にあるとないとでは大きく違います。

 

地方の方が、どうしても『家づくり』についての優利性はあるということは

誰しもがご理解出来るところだと思います。このような優利性のあるところで

なるべく『良い物を安く』と考えることは当たり前だと思います。

 

その地域、地域に合った一番の『家づくり』はどうしたら良いかと考えること

が大事となってきます。私達が『家づくり』をさせていただいてる地域は土地

価格が非常に高いということと、建築基準法が厳しい、隣地との境界線までの

距離が少ない、工事中の駐車スペースがない、工事中の材料置き場スペースが

とることが出来ない等々の諸条件を上げたら一杯あります。

 

上記の条件のなかで、いかに安く家づくりをしていくかは永遠のテーマです。

ここにきて、各材料の値上げラッシュがきてます。このようななかでローコスト

住宅をしていくことは大変なことと思います。

 

お客様第一の『家づくり』とは、いつも考えてるテーマです。

お客様も、今だからこそ『しっかりと情報と勉強を得ることが大事』となって

きます。『後悔しない、させない為の家づくり』をいつも頭に入れて行動して

毎日です。

TOP
資料請求はこちら