ロゴ
お電話はこちら
ロゴ

社長の本気

TOPBLOG
社長の本気

断熱・気密は室内湿度の調整役となります

2022.09.12 (MON)

責任者をしてます飯島です

 

『室内の湿度は断熱と気密』が大きく影響をしてます。エアコンの効き具合に

大きく影響力を与えることとなります。

 

漏気がひどい状態で除湿を行いますと、侵入する高湿の外気により膨大な除湿

を行わなければならず、侵入する高湿の外気により膨大な除湿を行わなければ

ならないのです。エネルギー消費や電気代が増加することになります。

 

上記の件は冷却だけで済ませた方が省エネという意外な結果になります。

断熱と気密ををしっかりと行うことで、心配してた電気代は大きく節約できる

結果となります。

 

『断熱と気密住宅』は冬の季節には最適とされてますが、本当は今の時代にな

りますと夏の季節にも最高となりまして室内の生活にストレスフリーとなりま

して『冬夏共に、快適な心地よい生活』が出来ることになります。

 

上記のことから、一人でも多くのお客様にご提案したいと思ってます。

是非、お話を聞いていただきたいと思ってます。

エアコンを使う条件のプラン提案が必要

2022.09.11 (SUN)

責任者をしてます飯島です

 

今の時代はエアコンを使用するのが当たり前となってきてます。それ以外では全館空調

というのも、最近出てきてますね。地球温暖化時代となってきてますので昔の住まい方

とは大きく違ってきてます。

 

『夏を旨』としたエコハウスのほとんどは、結局のところ通風だけを考えているだけの

ことが多々あるのが現状です。本当に蒸し暑くなりますとエアコン冷房はどうしても必

要となってきます。

 

家づくりのプランを決めていく時には通風だけでなく、冷房効率を考えることも絶対に

大切となってきます。と同時に室内の快適性も大きく関わってきます。

 

暖房に比べて冷房は、通常は有利に考えられます。エアコンの冷たい空気は重たいので

うまい具合に人のいる下にたまっていくのです。吹き抜けがある場合でも、居住エリア

が冷やされないという問題は少ないかと思われます。

 

しかし、そのエアコンのある部屋は快適になりますが、隣の部屋までは空気が回りにく

い為に冷えにくいという現象になると思います。

 

弊社『魔法びんの家』はLIXIL新宿ショールームで体験していただいた通り、隣の部屋ま

で少し冷やされてことがわかるかと思います。一般住宅(昭和の家)においては隣の無

暖房の部屋が寒かったということを体感していただきました。

 

そこには『断熱材と気密測定』というこれからの時代には欠かせない大きな違いがある

ことを覚えていただきたと思います。ここにエアコンと換気によって快適性というもの

がついてきて『心地よく、健康寿命が保たれる』ということになります。

 

家にも体にも優しい住宅の完成となります。これが私達の『魔法びんの家』です。

「三軒茶屋プレミアム魔法びんの家」上棟出来ました

2022.09.10 (SAT)

責任者をしてます飯島です

 

9月の建前日和に『三軒茶屋プレミアム魔法びんの家』の上棟を迎えることが出来ました。

二世帯住宅ですので『より一層ご理解をいただき、魔法びんの家の家づくりをさせていた

だくことが出来ました』。

 

三軒茶屋の駅に近いところに位置してますが、一つ中に入ってますので静かな住宅街とな

ってます一角にこの度は上棟をすることが出来ました。

 

初回面談の時から『二世帯住宅』というお話を聞いてましたので、私達の『魔法びんの家』

がぴったりというお話をさせていただきましたことを思い出しました。

 

今までに200数棟の『魔法びんの家』をさせていただいてますので、お客様からのお声も

『実際に住まわれてからの、嬉しいお言葉を一杯いただいてますので自信もってお話をさ

せていただいたことを、ご理解していただきご契約となりました』。

 

三軒茶屋という良い立地ですので、それだけでも当然満足でしょうが『夏が涼しく、冬が

暖かい』室内環境となりますのでご両親に喜んでいただけるのではないかと楽しみにして

いるんです。

 

本日より、今までお打ち合わせをしました『お客様だけのオンリーワン』の家が完成しま

すことを楽しみにしていてください。『上棟、おめでとうございます』。

 

 

アイフルホーム全国大会開催

2022.09.09 (FRI)

責任者をしてます飯島です

 

LIXILグループLIXIL住宅研究所アイフルホームの全国オーナー大会が、3年ぶりにハイブリッド

形式で東京で開催されました。希望に応じて現地集合グループとオンライングループとに分か

れた形で開催となりました。

 

北海道から九州までの仲間のオーナーが、年2回2月と9月に集まり全国大会を開催してきました

が、このコロナ禍の時代になってしまいましたのでオンライン形式での開催となり行ってきまし

たが、今年もまだコロナ禍が続いてますので希望者のみのリアル開催とし、他はオンラインで

の参加という形になりました。

 

年に2度しかない仲間との交流会ですので、情報交換は本当に中味の濃いお話となりますので

期待もしてるし楽しみにしてる大会でしたが今年も残念な結果となってしまいました。

 

コロナ禍、戦争、円安、ウッドショック・・・等々が重なり一般生活も大きく影響を受けてま

すが、我々住宅業界も大きく変わってきてる状況ですのでリアルに会い意見交換も大事ではな

かと思い楽しみんしてたのですが。

 

世の中がどのように変わろうと『家づくり』の考え方や施工は変わりないですし、今の時代に

合った『価値観ある家づくり』にすることがお客様ファーストではないかと日々考え変えてる

ところです。

 

いつの世も『家づくり』は一生に一番大きな個人的事業ですので、考えすぎることはないくら 

い考えていくことが、私は大事かと日頃から思ってます。お客様に合った一番の『家づくり』

をこれからもご提案させていただきたいです。

『社長の本気ブログ』から『性能の大切』知ってください

2022.09.06 (TUE)

責任者をしてます飯島です

 

いつも見ていただき、読んでいただきましてありがとうございます。

『家づくり』をこれから考えるお客様には特に見て読んでいただきたいです。と

 

コロナ禍で世界は大きく変わってきてます。

コロナ禍、戦争、地球温暖化、円安・・・と次々に大きな問題が起こってきました。

これから先、どのような世界になってしまうのか心配が一杯です。

 

このなかで『家づくり』の考え方が変わってくることも当たり前だと私は思います。

このことを、一人でも多くのお客様にお伝えしたくてこのブログを書き続けてます。

 

まだまだ、住宅業界の世の中今までどおり『ローコスト住宅』が多くあることが事

実です。ですからお客様も気づくことも遅くなり見落としてしまうことになり価格

が安いことを良いことに建ててるお客様も非常に多いと思います。

 

しかし、住まわれてからお客様に後悔させてしまうことになることが私は絶対に駄

目だと思いますので、このブログで書かせていただいてます。

 

一人でも多くの、お客様に見て読んでいただき気づきをしていただきたいとの想い

でこれからも、このブログを書き続けたいと思いますので読んでいただきたいと

思います。

仲間の工務店から教えてもらいました

2022.09.05 (MON)

責任者をしてます飯島です

 

仲間の工務店から教えていただいたお話をさせていただきます。

『同じ日に、家の定期点検に行ったんですが断熱材の違う3家を回り

断熱材の違いで室内の空気感と心地好さの違いが、はっきりとわか

ったんですよ』というお話をしてくれました。

 

当時は、お客様の予算から、断熱材のご提案違いが出てしまったの

ですがもう少し営業努力して差額のご理解をいただくことをそっかり

とお話すべきだったと後悔しました。との実感、実話の感じたお話を

してくれたのです。

 

上記の3家の断熱材の違いというのは、私達の『魔法びんの家』に使

用してる硬質発泡ウレタン材、現場で吹き付けハッポー、昔から使用

してますグラスウールの3種のお話です。

 

どうしても、イニシャルコストを抑えたいお客様は当然多いのですが

ここでどのような提案が工務店側から出来るかです。本当にお客様

ファーストに長い目でみて『良かった』と思っていただけるご提案が

出来るかですね。

 

良いお話を仲間から教えていただきました。日々の勉強から切り替え

が出来ることが『工務店の強み』ですのでお互いに切磋琢磨していき

お客様に喜んでいただける家づくりをしていきたいと、改めて思いま

した。ありがとうございました。

『注文住宅+性能住宅』のご理解多くなりました

2022.09.04 (SUN)

責任者をしてます飯島です

 

このコロナ禍の時代になり『価値観』が変わってきてると思います。

物事すべてではないかと思います。私達の家づくりにおいても同じく変わってきてる

ことを感じます。お金の価値観も当然変わってきてます。

 

このような時代だからこその『注文住宅+性能住宅』で価値観と耐久性が求められる

時代に合った家づくりになってきてるようです。

 

価値観をご理解していくと『安いだけの時代は終わった』のではないかとなります。

付加価値のある家づくりこそが、これからの家づくりではないかと思います。

 

アイフルホームに加盟してますが、この東京ですので『良くて安いではなく、付加価値

のあるものが結局安いということになるのだと思います』。

 

安いだけの時代は終わったと私は思ってます。安いだけの家づくりをしようと思った

ならどこでも、誰でも出来るかと思います。商売ベースだけを考えた家づくりですね。

 

一生で一番大きな買い物で、一番大切となる買い物ではないかと思います。

家を買える、建て替えられる人は幸せ者なんです。今の時代には本当に少ない人しか出

来ないという貴重な経験なのです。

 

だから、後悔してほしくないとこの『社長の本気ブログ』を書かせていただいてます。

一人でも多くの理解者にお会いできることを楽しみ日々仕事をさせていただいてます。

新しい出会いが出来ますよう、お待ちしております。

家づくりは『プランと性能』が大事と私は思います

2022.09.03 (SAT)

責任者をしてます飯島です

 

お客様から考えた『家づくり』とは、非常に難しいと私は思います。

営業マンは『自社の勉強した良い話しか当然しません』ここが非常に解りぬくい

ところかと思います。

 

行く先々でお話を聞くたびに『ここも良いところかな』と思ってしまいがちのと

ころがあるのではないかと思います。何処のメーカーも勉強したとおりの自分達

の良いところをみつけてお話をするから、欠点のお話はないですから良いのかなー

なんて思ってしまいますね。

 

しかし、高ければ安心かというとそれも違います。しかし、車業界ほどの規制が

ない住宅業界ですので絶対的にあるべきもの『耐震と性能』が曖昧なのが現実に

通ってしまってる現状があります。

 

お客様ファーストに全社が考えた家づくりをしたならば決して『ローコストの家

づくり』はなくなると私は思います。一生の中で一番長い時間過ごす場所となる

家ですので『安心・安全・快適性・省エネはもちろん』の家づくりこそが今の、

これからの家づくりの基本と思います。

 

上記のような決まりごとが住宅業界にないことが、お客様に対して『一番の悪の

根源』となってると思います。車業界には、はっきりとした性能がある世界なの

に『住宅業界』にないことがお客様からもて解らない世界にしてしまってるとい

うことを、もう一度お客様にお伝えしたいです。

『断熱改修リフォーム』の研修

2022.09.02 (FRI)

責任者をしてます飯島です

 

本日は、新築のお話でなく『リフォーム』のお話です。

リフォームと言っても小さな工事から部品交換のみ工事から地震対策工事

から、今の時代は『性能=心地好い環境』保全の為のリフォーム工事をや

ることが多くなってきたようの思われます。

 

新築のご相談時には『今の時代にあった性能住宅』を当たり前にお客様の

ことを想いご提案をさせていただいてます。お客様の生活を考えた時には

絶対に『性能住宅』が当たり前とお話をさせていただいてます。

 

お客様が『より生活しやすい、より快適な生活をしたい為のリフォーム

相談ですので、新築と同様にリフォームにおいてももちろん性能を考えた

ご提案をさせていただいてます』。

 

リフォーム工事のやり方にも色々工法はございますので、お客様の住まい

方をお聞きさせていただき一番快適な生活が出来るには何かをお話からみ

つけてご提案させていただいてます。

 

もちろそこには『予算』がありますので確認させていただいてます。

家の寿命を長く持たせる為のリフォームと『自分達の生活と健康』を考え

たリフォーム工事がございます。ご一報をいただきご相談させていただき

たいとお待ちしております。

 

リフォームこそ、地元の身近にご相談することが一番と思います。

エアコンの消費電力はもう減らない?

2022.08.30 (TUE)

責任者をしてます飯島です

 

エアコンを新しく取り換えると消費電力が減っていくというのは、今までの話であり

これからはここにあまり期待出来ないところまできてるのではないかと思います。

 

最近になって、エアコンの効率向上が限界に達しつつあるという話を聞きます。

現実的なコストでできる対策がほぼやり尽くされ、ハード的な改善がほぼ限界にきて

いるのだなという感じです。

 

10年後に今のエアコンを買い替えたとしても、もはや大きな節電効果は望み薄という

かたちがでてるそうです。ハード改善のアテがなくなった今は、さらなる省エネのため

には『建物の性能向上』と『建物性能に見合った適切なエアコンの選定や配置計画』が

重要になってくることは間違いない現実かと思います。

 

エアコンを買う時に『冷房の効きが悪いと困る』ので、ついつい大きめな機種を選定し

がちとなります。しかしカタログに記載された暖冷房能力の目安『〇〇畳という』表示

は、断熱等級3程度の断熱性能が比較的低い想定をしたものだそうです。

 

エアコンメーカーはクレームが怖いので熱負荷を大きめに見積もるし、販売店としても

大きな機種を営業してくることが多いかと思います。このようなことから『高性能住宅』

では明らかに能力過剰になり使用時の効率低下を招くことになってしまいます。

 

高性能住宅では、夏の冷房用エアコンを建物の2階部分を1台だけ設置して家中を冷やし

てる場合もあります。1台のエアコンに負荷を集中させることで、効率の良い領域で安定

して運転させることができることになると思います。エアコンの適切な容量選定と配置

計画は、『真の夏旨住宅』のキモであることは間違いないことと思います。

 

『断熱等級』のお話がしっかりとご理解してる家づくりと、ご理解してます家電屋さん

にご相談することが大事になると思います。『心地好い生活』が出来る為には、『理解

した家づくりと理解した家電屋さんが一緒に考えて初めて最高の心地好い生活』が出来

ると私は思います。

 

 

この夏の天候も、少し落ち着いてきました

2022.08.29 (MON)

責任者をしてます飯島です

 

今夏もようやく、少し暑さも落ち着いてきまして現場も大助かりです。

何もやるにして、今までの暑さの中で外仕事は応えますのここ2・3日の天候は助かります。

 

『家づくり』には、進行状態に天候も大きく左右してきますので現場管理には工程どおり

に進んでいくことになり『良い家づくり』には良い流れが造れます。

 

『家づくり』を長くやってましても天候には頭をかかえてしまうことが多々あります。

猛暑もそうですが、大雨・台風・大風といった自然にはまいります。

 

お客様の大きな財産造りをさせていただいてますので、これからの台風・大雨続きには

現場管理としては、頭が痛いことになります。そのことをいつも想定しながら工程管理者

はしてますが、現場の進み具合にもよりますので、毎日が勝負となってきます。

 

お客様と弊社設計と、しっかりと打ち合わせをした『家づくり』をいかなる時もしっかり

と完成お引渡しをさせていただきます。宜しくお願いいたします。

コロナ禍も3年が経ちますと色々と変わってきてます

2022.08.28 (SUN)

責任者をしてます飯島です

 

コロナ禍もこんなにも続くとは思わなかったですが、3年近くも経ってしまったことになり

ます。まだまだ、収束は見えない状態です。

 

我々の住宅業界だけ見ても材木からキッチン、トイレ、クロス、建材、サッシ、内装ドアー

等々から、土地の価格まで大きく変わってきて昨今です。

 

このような状態は、今までにはなかった現象だと思います。でもバブル時期と同じかという

と違う気もします。土地に関しては値上がりしてる場所としてない場所がありますので何と

も言えないところもあります。

 

特に川崎と言いますか武蔵小杉から新川崎・木月方面の値上がりと言ったらびっくりする

ほどの値上がりなんです。世田谷・杉並・練馬地域よりも高いところも一杯出てきてる状

態ですからびっくりです。

 

上記のように、土地だけでなく建物自体も上がってきてる状態ですので、ここはお客様に

良く考えていただきたいところです。土地の値上がりは需要と供給のバランスもあります

が建物に関しては世界的な経済の流れから日本の需要の価格に繁栄してくるようです。

 

このような時と言いますか、これからの時代はより一層『物の価値観』ということが重要

視される時代となってきますので『安いだけでなく後悔しない家づくり』が重要なんです。

 

『物の価値観』をしっかりと勉強して考えることにより後悔しなく、快適な生活が出来る

ことになります。その為の家づくりの3要素『プランの100%注文住宅+耐震等級3+性能』

があることが快適な生活に繋がってきることを覚えていただきたです。

 

結露&カビ無しで室内が快適な空間となり、さらに省エネとなる家づくりこそがお客様が

安全・安心な家づくりとなることを覚えていただきたいことです。

前のページ 次のページ
TOP
資料請求・お問合せはこちら